人生は夢をかなえ続ける旅

中学生のとき、

広ーい、広ーい大空と大地の中で牛の仕事をするのが憧れだった。

憧れ叶った19歳の夏。

それから7年間、日本の中でも360度地平線の見える素晴らしい場所で仕事できた。

地平線から昇る朝日。

仕事が終わるころおとずれる真っ赤に染まる夕焼け。

冷え切った夜に見える今にも降ってきそうな満点の星空。

大自然を思いっきり満喫した7年間。

広~~い牧草地の丘で「べーーべーーー」と言いながら牛を追うのが楽しかったなあ。

 

中学生・高校生のとき海外の人とたくさん友達になるのが夢だった。英語の文通なんてかっこいい。

違う価値観に触れてみたかった。

今、

毎日が海外の人との暮らし。世界中にお友達。

農家になったときには海外をあきらめたのに。

不思議な巡り合わせ。

 

安曇野に越して来た時、畑を少しやってみたかった。

自分で野菜を育ててみたかった。

まずはプランターにミニトマトを植えた。

そうやっていると近くに畑がかりれるようになった。

 

近くで畑をかりてつくっているともっと近くに畑がほしくなった。

子どもも生まれたので離れているとちょっとした時間にできないから。

そうしたら、家にもっと近いところに畑を借りることができた。

 

もっと、もっと近く家の裏にあったらなあって思ってたら、

 

畑つき、果樹つきの家のお話が降ってきた。

 

裏には素晴らしい景色の山。

 

うん。いいね。

 

他にも叶ってきた夢がいっぱい。これからもきっときっとたくさんのやりたいことが叶っていくんだろうな。

 

今やっていることに心を込めて。

 

今やれることを少しでも。

 

ゆっくり。ゆったりと。今を楽しみながら歩いていこっと。

 

コメントを残す