1. TOP
  2. おぐらやま農場のとりくみ
  3. 桃の初収穫。ブルーベリーは最盛期へ。

桃の初収穫。ブルーベリーは最盛期へ。

曇り空と雨が続いて、記録的な日照不足と言われている今年の梅雨ですが、

おぐらやま農場の桃たちは着々と成長しております。

 

 

道法さんに教えてもらったことで、

実は日照不足というのは植物の成長にそれほど大きく影響しません。

専門用語で「光飽和点」という言葉がありますが、

要するに薄曇り程度の光があれば果樹や野菜の成長には十分足りているということが研究で分かっています。

 

光合成を大切に考えるのでなく、光合成で作ったデンプン、

グルコースをエネルギーとして取り込む「呼吸作用」を如何にスムーズに行うかに焦点を当てる技術が、

現場で結果につながります。

今日は早生種の赤宝(せきほう)が初収穫でした。

7月中下旬の早生種の中で糖度、

玉伸びがここまで来てくれる桃はなかなかないと思いますが、

今年度は収穫予定数の注文がすでに入ってしまいました!

 

赤宝は寒さに弱い品種で、この地域ではなかなか成木まで育て上げるのが難しく、

私たちもこれまで苦労してきております。

道法スタイルへの変化でどうなっていくのか、またレポートしたいと思います。

 

今年の桃は、どの品種も凍霜害の影響でやや実の数が少ないですから、

予約注文はお早めにお願いします。

8月上旬頃のあかつき、15日頃〜のなつっこ、8月末〜の川中島白桃と続いて行きます。

 

 

ブルーベリーは今まさに収穫の盛りを迎えています。

粒が大きくて美味しいとお届け先からメッセージを沢山頂きました。

8月初旬までは収穫が続きますので、7月の贈り物にはブルーベリーがおすすめです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 硬盤層を割る!!穏やかな春の朝

  • オンラインzoom 道法スタイル学習会しませんか?

  • 信州安曇野 おぐらやま農場は安心して食べられる農産物をみなさんに

  • 信州安曇野・道法スタイル学習会 【2019年度】 3月~12月

  • 皮ごと安心して食べられるりんごを皆さんに 秋のお知らせより 無農薬のりんごづくりを目指して

  • 真夏の桃畑で感じること 120歳まで健康に生きる道 59