1. TOP
  2. WWOOF
  3. こだま食堂の陽子さんが援農にきてくれました。りんごの摘果。

こだま食堂の陽子さんが援農にきてくれました。りんごの摘果。

こだま食堂をしている陽子さんが援農に来てくれました。

陽子さんは、まだうちの子がうんと小さい頃に

ウーファーさんとしてやってきてくれたのです。

 

今は、自分でカレー、ピザなどを提供する

こだま食堂をオープンし、

地域の方や遠方から来る方の、

喜びの場所となっています。

 

その陽子さんがりんごの摘果のお手伝いに友人を誘って

来てくれました。

その時の感想です。

 

りんごの摘果

十数年前WWOOFでお世話になった
りんご農家のおぐらやま農場へ
数年ぶりのお手伝い

 

今日は安曇野へ移住したいという
友人を連れて縁農

青い空の下
白馬連峰を眺めながらの作業
さわやかすぎる時間を過ごす

 

私が安曇野に住みたいと思ったきっかけは
おぐらやまファミリーとの出会い
だから友人にも出会ってほしいなと

 

田んぼと常念岳の風景も美しく
ますます安曇野への夢が膨らんだよう

援農(縁農)サポーターさん募集中です!

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • トマトジュースをつくるための加工トマト栽培

  • 2016年に感謝!120歳まで健康に生きる道41

  • Farmacyをやっていこう!!Farm+pharmacy

  • ブルーベリー狩りの看板ができました!!

  • 硬盤層を割る!!穏やかな春の朝

  • 信州安曇野 おぐらやま農場は安心して食べられる農産物をみなさんに