1. TOP
  2. 農場奥さんてるちゃんs-コラム
  3. 120歳まで健康に生きる
  4. 「食べ物は・・・」120歳まで健康に生きる道43

「食べ物は・・・」120歳まで健康に生きる道43

1月にする三九郎という行事です。

1月も冷え込む日が続きました。気温がマイナス11度まで下がる日もあり、そんな日は、家の中にある洗濯機が凍ってしまい、ストーブであたためて、溶かして使います。(笑)「冷蔵庫壊れたかな?」って思ってしまうのもこの時期です。

 

身体が常にマイナスの気温(冷凍庫より冷たい)に慣れてしまっているので、冷蔵庫の温度が生ぬるく感じてくるのです。人間の感覚っておもしろいですね。そのような中で、1月は剪定作業を進めてきました。みんな手も足も凍るーー!!と言った感じで、30度近くあるタイからきたウーファーさんは本当に凍えそうになりながら、がんばってくれました。

 

そして冬こそ健康管理が大切になってきますね。学校でもインフルエンザが流行ったりするので、我が家ではひたすら毎日の食卓メニューに「しょうが・ねぎ」を組み込んで、体温をあげ、免疫力アップをはかっています。今年来たフランス人のウーファーさんのアムザくんは、お母さんがマクロビオティックの先生をしているそうです。

 

若干22歳の青年なのですが、「食べ物は薬だから」という彼の言葉は、私のココロに不思議な感覚を残してくれています。食べ物は命であり、毎日の自分の命を生かしてくれる大切なもの。本来食べ物とは、そういうものなのでしょうね。昨年12月に中三になる息子と「人生を考える母息子旅」をし、とある10時間あるセミナーに参加し、宿坊に泊めていただいたのですが、その精進料理の中にこんな言葉が書かれていました。

 

「この食物は、私どもの心身を癒やす良薬と心得ていただきます。」他にも、
「この食物が食前に運ばれるまでには、神佛の加護と幾多の人々の労力によることと思って、感謝致します。」
「私どもの徳業の足らざるに、この食物をいただくことを過分に思います。」
「食物に向かって、貪る心を起こしません。」
「この食物は、まことの道を行ぜんがためにいただくことを誓います」とも書いてありました。

毎日こんな気持ちで食事ができたら悟りが開けそうです。^^
とりとめのない話になりましたが、みなさま2月もご自愛ください。

<ニュースレター2月号より>

こちらの記事もよかったらお読みください。

人生の金メダリストになろう!自分で自分に金メダルをプレゼント

 

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • さて、あなたの体内年齢はいくつでしょう? 120歳まで健康に生きる道22

  • マレーシア UPM大学を訪ねる旅、旅のコツ

  • 体と気持ちを緩めよう 120歳まで健康に生きる道 18 

  • 120歳まで健康に生きる道 3 プチ断食に挑戦!

  • メンテナンス、メンテナンス、メンテナンス 120歳まで健康に生きる道 37 

  • 120歳まで健康に生きる道 1 連載スタート!