1. TOP
  2. 農場奥さんてるちゃんs-コラム
  3. 120歳まで健康に生きる
  4. 思い込みで見るのをやめる 120歳まで健康に生きる道44

思い込みで見るのをやめる 120歳まで健康に生きる道44

昨年に引き続き、今年もwwoofを利用して、マレーシアのプトラ農業大学の学生4人が研修にきてくれています。昨年も今年も男女2組4人の受け入れなのですが、彼らはイスラム教徒です。女性はヒジャブという髪や肌を隠している衣装を身に着けていたり、1日に5回のお祈りをしたり、お祈りをしていないお肉を食べれなかったりと違いがあるのですが、昨年、今年の4人はとても素晴らしい若者なのです。ニュースなどで語られる過激派の方たちとはずいぶんと違うなって思っています。(そもそも比べるところで彼らに申し訳ないですが。。)

 

夕食のときにラマダンについて話を聞いていたのです。ラマダンとは6月に行うイスラム教徒の行事でお日様の出ているときは水も飲まないし、食事も摂らない断食期間1ヶ月です。それでも昨年きた4人は、とても穏やかに毎日、淡々とお手伝いし、日々の暮らしを楽しんでくれていました。そんなラマダン期間なので、私はてっきりラマダンの期間ってみんな食べ物が食べれなくって、修行のような大変な期間なんだろうと想像していたのです。

 

彼らから出てくる言葉は違いました。ラマダンは9歳ぐらいから少しづつならしていくそうなのですが、結構楽しみな期間だというのですね。なんで水も食事も摂らないことが楽しみなのか聞くと、一つは普段食べている食べ物のありがたみを実感するということ。水や食べ物があることが本当に嬉しいと。確かに彼らは、どのような食事でも「ありがとうございます!!」って喜んで食べてくれるのです。そして2つ目に「自分の欲望、欲求や感情をコントロールできるようになる」と。うん、うん、これは確かにそうですね

 

。彼らが穏やかなのもわかる気がします。他にもいくつか教えてくれました。そしてラマダンが終わったあとは、彼らの近所にはキリスト教の人たちや中国人もいるらしいのですが、そんな人達とも食事を分かち合って楽しんだり、お祝いを一緒にするそうなんです。自分たちは、生まれたときからイスラム教だけど、いろいろな宗教の人とも仲良くしたいようなことを言っていました。

 

農業をすることに関しても彼らはとても積極的で、人間は食べるものがないと生きていけないと。マレーシアでも農業は所得でいったら低いけど、そんな人間にとって大切なことをするのは、やりがいがあるし楽しみと言っています。とっても頼もしいなって感じます。謙虚で喜びに満ちてる彼らを見ていると、素敵だなって思います。(2017年2月号ニュースレターより)

【追記】夢叶い彼ら、彼女たちの住むマレーシアまで行き、UPM大学を訪れることができました。

マレーシア UPM大学を訪ねる旅、旅のコツ(2017年10月)

 

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • こだま食堂の陽子さんが援農にきてくれました。りんごの摘果。

  • 120歳まで健康に生きる道9 腹式呼吸と細胞活性ストレッチ mixs.

  • 120歳まで健康に生きる道 4 旬の食べ物パワーとは?

  • 海外旅行の効用 120歳まで健康に生きる道 52

  • 120歳まで健康に生きる道 2 風邪を引かない朝の習慣

  • 「ベターッと開脚」をやってみて体験談 120歳まで健康に生きる道39