1. TOP
  2. 農場奥さんてるちゃんs-コラム
  3. 120歳まで健康に生きる
  4. 真夏の桃畑で感じること 120歳まで健康に生きる道 59

真夏の桃畑で感じること 120歳まで健康に生きる道 59

ここのところ安曇野の気温は連日34度を超えています。家の前にある温度計を見ると36度を示していることも!外にいるだけで汗がポタリポタリと落ちてきます。スタッフさん、タイとマレーシアからきたウーファーさんと一緒に作業を進めているのですが、常夏の国からきている彼女たちにとってもこの安曇野で過ごす夏は暑いようです。

 

このお手紙が皆様に届く頃は、すでに桃を手にしていただいている頃かと思いますが、今は毎日「桃の袋かけ」作業の追い込みです。桃の一つ一つに白い紙にパラフィンコートした袋をかけています。デリケートな桃のお肌には時に強すぎる夏の日差しの日焼けから桃を守ること、カナブンやカブトムシなどの虫が桃を食べてしまうのを物理的に防ぐこと、そして風や雨などによって枝が揺れ、桃の表面が傷つくのを防ぐためです。袋かけをするときには、上を向くことが多いのですがそこから見える風景に毎日癒やされます。青空と白い雲をバックに桃の葉っぱがゆらゆらと揺れ、桃が日に日に大きくなっています。

 

こうやって桃の畑で作業をしていると「桃の木ってすごいなー」って感心します。この桃の木は、高2の長男が生まれる前に、友人たちにも手伝ってもらって植えた木です。当時はまだ農場をはじめたばかり。1本の棒のようだった桃の木が今では大木になり毎年多くの実を収穫させてくれて、みなさんにお届けすることできます。

 

通常よりも農薬の使用量もかなり少なく、肥料も用いないとなると普通の農家さんと比べて、育てていく作業行程もだいぶ変わってきますが、除草剤を一切使用していない畑は緑の草の上を踏んでも気持ちがいいし、そんな桃を食べてもらえるということは、やっぱり嬉しいなと思うのです。皆様の食卓にあがるところを思い浮かべながら、毎日せっせと畑で作業しています。

(2018年 7.8月号ニュースレターより)

ハッピーピーチ🍑

いよいよ早生の桃、「赤宝」がとれはじめ、夏の桃の収穫、出荷がはじまってきました。

うちの子たちも、桃はまだか、桃はまだかと待ち構えていたので、待ちに待った桃シーズンがやってきたという感じです。

末っ子くんはさっそく丁寧に切って、
「ハッピーピーチ盛りできあがりー!!」と。

美味しそうに食べていました。
今年もいい感じで味がのっています。

桃パスタ最高!!

こんなに美味しいと思わなかった!!

オリーブオイルと塩コショウ、桃が合うんだなあー。子どもたちもウーファーさんも大喜び!!

レシピはクックパッドから

生ハムは入れなかったけど、十分美味しい!

https://cookpad.com/recipe/1901637

 

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • お腹をすかせる効用 120歳まで健康に生きる道47

  • 120歳まで健康に生きる道 25 満月の夜に想うこと

  • 120歳まで健康に生きる道 19 大人の健康、子どもの健康、基本は同じ

  • 120歳まで健康に生きる道 16 自転車で健康に!!ママチャリダー!!

  • 120歳まで健康に生きる道9 腹式呼吸と細胞活性ストレッチ mixs.

  • 2018年あけましておめでとうございます!!120歳まで健康に生きる道54