1. TOP
  2. おぐらやま農場のとりくみ
  3. 道法スタイル安曇野学習会 剪定後の枝管理

道法スタイル安曇野学習会 剪定後の枝管理

昨日は山梨県北杜市の川口さん圃場と

桑原さん圃場へお邪魔して、

定植後の枝管理について改めて学んで来ました。

道法さん来られて少人数セミナーは貴重な機会です。

川口さん圃場。

3月に植えた苗木からは新しい元気な枝が何本も出てきています。

これをどう世話していくかで、

成長スピードと結果開始までの年数がぜんぜん違ってきます。

3年目に3mの背丈にして、ならせ始めることを目標に。

 

残す枝ととる枝を決め、残すものは垂直仕立てで縛ってやると、

その瞬間から劇的に植物ホルモンが活性化します。

 

今年から借り受けて切り上げ剪定で世話をした

梅園では無施肥無農薬栽培の青梅が大豊作の様子。

 

キウイの苗木も順調に伸びてきています。目指せ1年で6m!

 

6月9日(日曜日)は安曇野学習会です。

4月に植えた桃の苗木を題材に枝管理の実習。

トマトなども垂直仕立てを実際にやってみる実習を予定しています。

座学の時間は「道法スタイルの真髄。夏季の新梢管理」をテーマにする予定です。

 

信州安曇野・道法スタイル学習会 【2019年度】 3月~12月

 

 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • こだま食堂の陽子さんが援農にきてくれました。りんごの摘果。

  • 一般常識から見るとありえない剪定ですが、、、これでいいんです。

  • キャンペーンご協力ありがとうございます!!

  • 年間 果物 コース会員の皆様への想い【 新規会員様募集中】

  • 安曇野の環境を守る市民の会 合同総会

  • 【りんごの一番摘果】ジベレリン、サイトカイニンのバランス りんごのあら摘果です。(5月25日)