1. TOP
  2. クラウドファンディング
  3. 大工の花井さんの言葉 「友人と森と私で家づくり」

大工の花井さんの言葉 「友人と森と私で家づくり」

☆クラウドファンディング挑戦中の農業拠点作り。
大工の花井さんの思いを紹介します。

____________________________________________

「友人と森と私で家づくり」

ある里山に住む友人が山を買い
植生を本来の雑木林に戻すために赤松やカラマツを切り始めた。

1キロほど離れたところにあるあるリンゴ園に住む友人ファミリーが
倉庫と家を建てたいと願っていた。

大工の私は、今その里山から木を運び出し製材所に運搬しています。

森と木に向かい合い作業をしていると、
とても充実した気持ちになる。

約20年前にカナダでログハウスの勉強していた時、
米松の大木のピーリングを約2週間程毎日1本ずつしていたときのことを思い出す。

俺は将来どんな人生を歩んでいるのだろうなど、
森と木に向かい合い思いを馳せた。

20年経った今想像もできなかった素晴らしい未来が待っていた。

里山で土に還って行こうとしていた戦後植えられた50歳以上の大木が、
木材に生まれ変わり、
もしかしたら200年位家として使われていくかもしれないと思うと、
何か充実した気持ちが湧いてくるのである。

3者3様の立場だがお互いやれることをやっているだけだけれど、
面白いし楽しいしワクワクするのである。
自分なりだが精一杯良い家を作っていきたいと思う。

友人のおぐらやま農場さんが、
道法スタイルと言う果樹の命と向き合う農法で
おいしいりんごや桃作りを取り組んでいます。

ぜひ応援してあげて下さい。
よろしくお願いします。
ありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • クラファン、あと2日になりました! おぐらやま農場だよりその345

  • 農業拠点工事の基礎打ち完了 5月16日

  • クラウドファンディングにご協力いただきありがとうございました!

  • クラウドファンディングに挑戦中です。みなさまのご支援・シェアよろしくお願い致します!