切り上げ剪定講習会 にて 講師 道法正徳さん

先ほど、2日間に渡って開催していた「切上げ剪定講座」が終了しました。2日とも内容が濃く、おぐらやま農場の圃場もたくさん廻ってもらい、実地で様々な講習を積むことが出来たと思います。

広島から道法正徳さんに来てもらって、いくつかの植物ホルモンで植物が生長している原理を学んでいくのですが、いかんせんこれまでの常識が頭に残っているうちはなかなか話が理解できないのです。

続きを読む

トマトジュースをつくるための加工トマト栽培

加工トマトは一般的に地這い(じばい)で作るのが常識で、支柱を立てたりポールでネットを張ってからませたりする作り方はほぼ皆無です。出来るだけ手をかけないで、資材費をかけないで、放任に近くても肥料・農薬があればそこそこ収穫できるものという認識が一般的。地元農協のトマト部会出荷価格を見ると、たくさん手をかけ資材費をかけても、黒字にできないという計算もあると思います。

続きを読む

台風18号とりんごの木

10月5日の夜は子ども達の寝る頃の時間になって、台風18号の強風が吹きつけ始めました。典型的な風(かぜ)台風で、雨はたまに強くなりましたが、夜空にはきれいな星が見えてもいる不思議な光景でした。吹き付ける風の感触は、すっかり南国の熱風を思わせる生温かい強風。畑のあちこちを見回ると、枝が強風に煽(あお)られて、りんごが周囲の枝にぶつかり、その衝撃で落果し地面を転げていくのがヘッドライト越しの暗がりに見えました。

続きを読む

2016年のおぐらやま農場の総括

12月になり、1年を締めくくろうとするこの時期、時間を作って今年1年の振りかえりと反省点、来年への展望・計画などをしておきたいと思います。季節は絶え間なく流れていくので、意識的にそのような節目を作っていかないと、季節に追われての農場運営になりがちだと思うからです。

今年を振り返ってみて一番最初に浮かぶのは4月の凍霜害、9月の長雨、10月の台風と、一年にこれだけの振れ幅の大きい天候をよく受け止めてきたなということです。

続きを読む

植物ホルモンをいかす剪定方法

簡単にですが、植物ホルモンについてまとめてみたいと思います。
この植物ホルモンをいかすことによって、植物そのものがもつ生命力を存分に発揮してもらえそうです。

植物そのものが元気になるから「化学肥料も、農薬もいらない」。
そんなところを目指しています。

続きを読む

ミッションを決める毎日の生活はいかがでしょうか?

【ミッション】っていうと何か自分の使命や生まれてきた意味みたいな響きがあって、考え始めるとなんだろうという感じですが、この逃走中にでてくるような【ミッション】はおもしろい!!この【ミッション】によって断然に番組が盛り上がります。

きっと【ミッション】って毎日の暮らしの中にちょっとしたアクセントっていう感じ。

番組を見ながら、毎日ミッションを考えながら生活したらおもしろいだろうなと思いました。

続きを読む