• 道法スタイル・ジャガイモの管理作業その2  6月10日

    5月27日の投稿で、 4本の新芽に揃えてから紐で縛るところを紹介しました。 あれから約2週間、4本の芽を縛ることで生長が活性化し、 あっという間に背丈を伸ばして高さ50センチを超えて来てます。

  • 田を植えて われ農民と 山見上げ 6月8日

    たった1反歩ではありますが、自給用の飯米確保のために、 家の近くに田んぼを借りて作っています。

  • 塩の専門家、工藤清敏さん来場されました 6月4日

    世の常識になっている事の中には、 誰かの都合で常識にされている事もたくさんあります。 健康の為には減塩!という常識は誰のための理屈でしょうか。 面白くて美味しい塩の話が聞けました。 ☆工藤さん紹介してくれた「微生物散布、塩散布」は、 正確に言うと「微生物が溶かす岩石ミネラルと塩の散布」です。 作物がイキイキと展葉し果実の旨味を極上に仕上げてくれるのです。

  • じゃがいもを縛ってみると【 道法スタイル じゃがいも編】5月27日

    ジャガイモ植え付けから1ヶ月過ぎて、 出てきた芽を4本に揃えたら、 麻紐で茎をまとめて縛っていきます。

  • 梅雨曇り みどり重ねて 息深し 5月22日

    例年より1ヶ月近く早い梅雨入りですが、 この1週間でググッと緑が色濃くなり、 成長点がグングンと伸びて来てます。 道法スタイル無肥料栽培は雨を全て味方につけられるので、 長い梅雨でも大丈夫。というか長い梅雨が有難いのです。 もちろん雨がない時は徹底して灌水作戦を決行です。

  • 農業拠点工事の基礎打ち完了 5月16日

    皆さんにクラウドファンディングでご協力頂いた農業拠点作り、 ゆっくりですが着々と進んでいます。 大工の花井さんのスタンス、 業者さんに出す工程が少ないので外注費用が少なくて済む反面、 時間は若干かかります。 基礎工事の整地、測量、砂利転圧、型枠作り、生コン流し込み、表面仕上げ。 一つ一つの工程が毎日少しずつ進み、 景色が少しずつ変わる。

  • 豊かだなぁって思うことその2 5月14日

    甘エビが大量に届きました😆😆 能登を代表する超絶仲買人の荻野 大さん! 数年前にうちに遊びに来てくれてから 新鮮な魚介類と果物を 物々交換させてもらっています。 能登の漁業を守りたいと 一生懸命活動されてます。 今回は甘エビを送ってきてくださいました。

  • りんご花の散り際 5月8日

    りんごの花がだんだん散り始めています。 花びらが落ちるのは、 受粉が済んでりんごの樹の生育が次のステージに進み始めたサイン。

  • 皆様のご支援に感謝!!120歳まで健康に生きる道 ~85~

    おぐらやま農場は、3月25日までクラウドファンディングに挑戦させていただいています。詳しくは表面で紹介しているURLをクリックもしくはQRコードでぜひご覧になってみてください。 この原稿はクラウドファンディングがはじまって3日目に書いています。この3日間だけでもとても多くの方に支援していただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の応援やメッセージがとてもあたたかく涙腺崩壊することもしばしばです。。こんなに人の繋がりに満ちている農場を運営できて幸せだとしみじみ感じています。本当にありがとうございます。

  • 和梨満開と凍霜害 4月19日

    桃に続いて梨の花が満開になりました。 が、今朝も地面の朝露は凍っています。 最低気温は0℃。農場から見る西山は雪を被り直しました。 おそらく4月10日朝の−4℃が1番のダメージだったと思われますが、 梨の花の柱頭部分が 霜にやられてしまって黒ずんでしまう現象がかなり出ています。

1 2 3 27