1. TOP
  2. 農場の日々の日記
  3. 秋深し 紅葉と落葉 2017年11月8日

秋深し 紅葉と落葉 2017年11月8日

秋晴れの爽やかな天気が多くなりました。10月の多雨がウソのようです。黒沢川の土手の桜が今度は花でなく紅葉で私たちの目を楽しませてくれています。

 

雨降り続きでなかなかできなかった田んぼの秋起こしをした日の、見事なウロコ雲には見惚れてしまいました。(動画はトラクタ運転しながらでなく、撮ってもらいましたのでご安心を) 稲わらを土に浅くすき込み、土中微生物のエサとして分解を促します。無肥料で来年の実りにつなげて行く大事な工程です。

さて、撮影日が同じの桃の木の画像2枚。葉っぱのしっかりついている方がおぐらやま農場の桃。すでに落葉して枝だけの状態になっているのが慣行農法の桃。今年は違いがあまりにもはっきりしているので驚いています。何が違うのでしょうか。早計に答えを出さず、もうちょっと観察してみます。

こちらの剪定方法にかえたのも大きな違いかと思います。

植物ホルモンをいかす剪定方法

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 炭素循環農法 もみがら集め 2017.9.30

  • 2018年のおぐらやま農場日記(7月~12月)【大人気】

  • 農場スタッフのHARAちゃんです。先日マレーシアへ行ってきました。2017.11.02

  • 自給自足生活 冬野菜の収穫、保存、大根漬けなど冬支度が終わりました。

  • 信州安曇野 おぐらやま農場は安心して食べられる農産物をみなさんに

  • ふじの収穫始まりました!2017年11月13日