1. TOP
  2. おぐらやま農場のとりくみ
  3. 【りんごの一番摘果】ジベレリン、サイトカイニンのバランス りんごのあら摘果です。(5月25日)

【りんごの一番摘果】ジベレリン、サイトカイニンのバランス りんごのあら摘果です。(5月25日)

あら摘果の様子を動画で撮ってみました。

ハサミを使うやり方や、手にピッタリフィットの手袋もあるのですが、

私はなぜか素手が一番やりやすく、

何時間やっても痛くならないのでそうしています。

 

 

この時期はタネにジベレリンが入ってくるので、

早く摘果して軽くしてやらないとジベレリン活性が優勢になり、

花芽ホルモンのサイトカイニンとのバランスが崩れ

花芽形成が弱くなってしまうと

隔年結果(なり年と裏年を作ってしまう現象)の一因となってしまうのです。

 

もちろん早く落としてやったところは大玉の良果がなりやすいです。

今日は安曇野も真夏日で、長靴履いてられなくなり、

はだしになっての摘果作業がいい感じでした。

 

植物ホルモンをいかす剪定方法

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 年間 果物 コース会員の皆様への想い【 新規会員様募集中】

  • 一般常識から見るとありえない剪定ですが、、、これでいいんです。

  • 信州安曇野・道法スタイル学習会 【2019年度】 3月~12月

  • 植物ホルモンをいかす剪定方法

  • 安曇野の地下水を巡って③  2017年6月号 ニュースレターより 無農薬のりんごづくりを目指して

  • 冬の桃畑・サイトカイニンを意識して