1. TOP
  2. おぐらやま農場の軌跡
  3. りんご苗木の植え付け 道法スタイル式

りんご苗木の植え付け 道法スタイル式

昨日りんご苗木を植えました。

1月14日投稿の抜根した2反分(20m×100m)にふじとシナノゴールドを27本ずつ、

全部で54本です。

根っこの強いマルバ台木の苗木なので、間隔は6m×6mで定植します。

 

 

 

近年は弱い台木を使って木を小さく作るのが主流で、

2反分あたり矮化栽培だと約160〜200本(4m×2.0〜2.5m)、

また新矮化栽培だと約700〜1000本(3m×0.5〜0.8m)の苗木を植えるのが常識ですから、

54本はかなり少ないです。

 

当然植える仕事もすぐ終わるし苗木購入経費(1本1500円〜2000円程)もそれ程かかりません。

自分で苗木養成もできますから、

その為の仕事も少なくて済みます。

もっと言えばマルバ台木栽培だと何十万円もかけて架設する支柱とワイヤーも不要。

 

マレーシアの農業大学の研修生が植えてくれています。

 

 

無肥料でのりんご栽培には樹勢のしっかりした強い根っこが向いています。

健全な農業経営を成り立たせる為には、

余計な事をせず本当に必要な事だけをやっていきたいところですが、

何が必要で何が不要なのか、それを判断する為の基準を、

道法スタイルに照らしてみていけば、自ずと答えが導かれてきます。

 

 

 

道法スタイル 野菜の垂直仕立て栽培

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 第4回 道法スタイル安曇野学習会(6月10日) 自家菜園のキャベツも、、、

  • 野の師父のいつもの佇まい(りんごの木の接ぎ木について)

  • おぐらやま農場の軌跡 1~10までまとめ

  • はじめての援農受け入れ実習 軌跡7

  • 2018年のおぐらやま農場日記(7月~12月)【大人気】

  • 落果りんごを使って頂けますか? 台風19号にてシナノゴールド落ちる