1. TOP
  2. 毎月連載 畑が教えてくれたこと
  3. りんご花の散り際 5月8日

りんご花の散り際 5月8日

りんごの花がだんだん散り始めています。

花びらが落ちるのは、
受粉が済んでりんごの樹の生育が次のステージに進み始めたサイン。

萼(がく)のすぐ下の、
やがて果実になる子房の部分が膨らみ始めたので
摘果作業を始めています。

今年は写真2のように、
凍霜害の影響で花が凍って受粉できず、
茶色く枯れてしまう花がたくさん出ています。

地面に近い場所の方が被害が大きいのですが、
立枝を利用する道法スタイルの仕立ては高い位置にある枝の割合が高く、
霜のキツい年にも対応しやすい樹形だということが分かってきました。

低い位置で霜害がひどくりんごが確保できない場合は、
高い位置のものを多く残すようにして全体のバランスを取るようにします。

天候の振れ幅が大きくなる昨今の気象事情ですが、
作物たちがどれだけしなやかに力強く対応できる状態か、
底力が試される早春。

動画は、気温が20度を超えてくる午後。マルハナバチの乱舞。

<暁生>

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 梅雨曇り みどり重ねて 息深し 5月22日

  • 安曇野の地下水を巡って③  2017年6月号 ニュースレターより 無農薬のりんごづくりを目指して

  • 「農」とグローバリズム・ローカリズム 

  • 安曇野の地下水を巡って④ 2017年ニュースレター7月号より 無農薬のりんごづくりを目指して

  • 「かがやき」りんご 21回目の結婚記念日に

  • 某高級デパートの桃の価格に驚き!!考え方はいろいろですから