1. TOP
  2. 農場奥さんてるちゃんs-コラム
  3. 120歳まで健康に生きる
  4. 体の活性化、脳の活性化にいいことは?120歳まで健康に生きる道 ~92~

体の活性化、脳の活性化にいいことは?120歳まで健康に生きる道 ~92~

今日は末っ子くんの中学校での展示会があり、久しぶりに学校に行ってきました。

今までコロナの影響で参観日などもすべて中止でした。

そこで同じ農家のママ友に会い、少しおしゃべりをしていました。

今年は、春の遅霜の影響や夏の雹、そして強風やゲリラ豪雨、台風などなかなかの農家泣かせの天候でした。

そんなこんなを一緒におしゃべりしていました。どこも大変そうです。

通常の2,3割ほどの農薬使用量のうちの農場でも影響が出ています。

それでもこうやって、秋になってりんごが実ってくれると「今年もよく実ったね。」と思わずにはいられません。

霜の影響で皮がザラザラしてしまったりなどあるかも知れませんが、

こんな背景も思い浮かべていただければと思います。

そして私の個人的には9月は毎日よく動き、身体を使いました。

夏にのびてしまった雑草をひたすら草刈りしたり、

木材をチェンソーで切っていったり、

使いやすいようにビニールハウスを片づけたり、薪をひたすら運んだり。

かなり汗をかくぐらい動くのですが、これが気持ちいいんです。

真っ青な秋空の下で自分の身体を使って、何かをしていくこと。

しかも草刈りも薪を切るのも機械ですので結構な緊張感があります。

今年は新たに乗用の草刈り機も新たに使い方を覚えました。

いくつになっても新しいことを覚えるのは楽しいし、脳が活性化する気がします。

長野県は長寿県として名乗りを上げていますが、

調べてみると高齢者の就業率が26.7%と全国平均を大きく上回っているようなのです。

寿命が長いだけでなく、健康寿命(自立して生活を送れる年齢)の率が高いとか。

見渡せば果樹園や畑ではせっせと作物の世話をしているおじいちゃん、おばあちゃんを見かけます。

こうやって自分の身体を動かし、頭を使い、

生きている!っていう感覚を持って仕事ができるのはいいですね。

そういえば、

うちの隣で畑をやっていたおばあちゃんも93歳で亡くなる数カ月前まで元気に畑で野菜のお世話していたなぁなんて、

にこにこしながら野菜を育てていた姿を思い出します。

今月は、誕生日月。今年も無事にひとつ年を重ねられるのが嬉しいです^^

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 世界に通用する子どもの育て方とは?松村亜里さん著

  • 風邪の効用 120歳まで健康に生きる道 27 

  • 満月の夜に想うこと 120歳まで健康に生きる道 25

  • 素敵な1年の初まりに想うこと 120歳まで健康に生きる道30

  • 農場で何かできることはないかなあ <120歳まで健康に生きる道 >

  • 幸せに生きる秘訣とは? 120歳まで健康に生きる道56