1. TOP
  2. 田舎暮らしの楽しみ
  3. 手作りこんにゃくと「にゃく天」(11月10日)

手作りこんにゃくと「にゃく天」(11月10日)

田舎暮らしの楽しみ  

我が家から歩いて100mちょっとのところで菜園をされているナカタのおじちゃんが、

「松村さん、こんにゃく芋掘っていっておくれ! オラァは今年で引退するでな!」と声をかけてくれました。

有難いことです。(残念ながら写真ないです)

松本の沢村から車で30分近く通っての菜園作りなので、ここいらで区切りをつけるとのこと。

私たちが20年前にこの場所へ引っ越して来た時からのお付き合い。

ナカタさんは野菜作りも上手だし、看板にする筆文字アートも上手なのですが、

なんといっても手作りさしみこんにゃくを分けてもらっていただいたら、

あまりの美味しさにビックリして、数年前にナカタさんに作り方を教えてもらって何度も作りました。

今回はウーファーのミキさんが作ってくれて、毎日いただいてます。

3年かけて育てた大ぶりのこんにゃく芋を1つ全部すりおろしてこんにゃくにすると、

大鍋いっぱいにできますのでしばらく楽しめるのです。

さしみはわさび醤油や生姜醤油など、田楽なら辛味噌などと相性バッチリなのですが、

今晩はまたまた仰天の蒟蒻メニュー登場。

薄く切ったこんにゃくを天ぷらの衣にあおさのりを絡めて、磯部揚げ風に。

「にゃく天」というのだそうですが、これが美味しくて美味しくて・・・。

ウーファーのイオリさんが、時々精進料理をいただきに行くお寺さんで出されていた一品だそうですが、

もう本当に、にゃく天バンザイ!! きっと買ってきたこんにゃくではこうはならないだろうなあ。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ベターッと開脚パート2  120歳まで健康に生きる道40

  • ブルーベリーを食べると記憶力があがる?物忘れにも効果ありか?

  • 桜を見ながら未来を想う。安曇野の桜満開です!見どころもたくさん!

  • 今日もきっと素晴らしいことが起こる 120歳まで健康に生きる道 29

  • 縁農(援農)サポーターさん募集中です!

  • イチオシの魚屋さんはPF能登のヲギノさん。(6月30日)