1. TOP
  2. 田舎暮らしの楽しみ
  3. 寒鱈や 能登の漁師と 船の上 (2月23日)

寒鱈や 能登の漁師と 船の上 (2月23日)

田舎暮らしの楽しみ  

真冬が旬のサカナ、鱈(タラ)さんを届けてもらいました。

能登の港のバイヤーさんとして、漁師さんたちと共に日々奮闘している、

我が家のお魚屋さん、荻野大さんからです。

今回も1匹丸ごとの鱈。

鮮度を保つため内臓など取ってくれてありますが、

最後の3枚おろしはこちらでできるようにして、氷詰めで送ってくれます。

既に別取りしてくれてあった新鮮な鱈の白子はポン酢で頂き、更に天ぷらにも。凄い滋養の食材です。

捌いた切身の一部は昆布締めで送っていただいたので、2日目の楽しみに。

絶品でした!

サイズの大きい今回の鱈さんは一度に食べきれないボリュームでしたので、今回はフィッシュバーガーにチャレンジ。

娘がパンから焼いてくれ、おしゃれなバーガーにしてくれました。

オーロラソースを塗(まぶ)して食べる能登タラバーガーは、

ファストフード店の味とは全くのベツモノです。

さらに、大きなアタマと骨周りも全部使って、味噌仕立てのアラ汁を土鍋いっぱいに作ってくれて、

身体がポカポカに温まりました。

荻野さんにどんな食べ方がいいかアドバイスもらいながら、今回も1匹の鱈が何日も食卓の主役になってくれました。

能登の漁師さんたちが海から揚げてくれる海産物の魅力を、

私たちにダイレクトに届けてくれる荻野さんのお店、

これからも応援したいと思っています。

興味のある方、FB投稿記事より「荻野大」さんへ連絡してみて下さい。

(昨年結婚されて、お嫁さんの姓の村上大さんとなっているそうですが、

FBは「荻野大」さんで続けてます)

 

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 松本の実家カフェでchargeしよう 4月18日

  • ベターッと開脚パート2  120歳まで健康に生きる道40

  • 今日もきっと素晴らしいことが起こる 120歳まで健康に生きる道 29

  • ひとつひとつを味わって過ごす 120歳まで健康に生きる道55

  • ブルーベリーを食べると記憶力があがる?物忘れにも効果ありか?

  • ブルーベリー摘み取りと全国発送が始まりました!!