1. TOP
  2. 農場奥さんてるちゃんs-コラム
  3. 120歳まで健康に生きる
  4. 私たちの身体にいる微生物の話 120歳まで健康に生きる道57

私たちの身体にいる微生物の話 120歳まで健康に生きる道57

「身体」について深く学んでみたいと思い、ここ数日、末期ガン患者さんの治療をしている方の音声をずっと聞いています。剪定後の枝拾い一人でやるときや、犬のお散歩しているときが私の勉強時間です。

その方のお話を聞いているとどんどんと引き込まれていきます。

身体って本当にすごいなーーって。その中の一つに、これはうちでやっている農法とも繋がっていると思ったのが、「微生物の話」です。

私達の畑では果樹園でも野菜畑にも「もみがら」を撒くのですが、それはなんのためかというと、畑の中にいる微生物にえさをあげるためなのです。つまり土の中の微生物さんが元気に、そして数が増えるためにそういうことをしているのです。

土に栄養をあげるためではないのですね。そして、身体のことに戻りますがその方が言うには「食べ物」を食べるという行為も身体の中の微生物にエサをあげているというのです。この地球上には70億人以上の人が住んでいますが、パッと手のひらにとった土にはそれの何百倍もの微生物が住んでいます。そして身体の中には約40兆個の微生物が住んでいると言われ(その大半が消化管内に生息し)、私達の身体を機能させてくれています。

 

うちの農場みたいなやり方でりんごやにんじんなど育てているとわかるのですが、ここ数年で本当に腐りにくくなってきました。野菜を冷蔵庫に入れておくとトロけるのでなくしわしわになって枯れてくる。腐っていくことがホントに少ないのです。これは野菜にいる多くの微生物の種類が違うからなのですね。発酵に向かう菌が多いか、腐敗に向かう菌が多いかです。

 

あるお客様が、うちのりんごや果物は、身体にいれるとエネルギーが出る!と言ってくれます。それは多分、発酵に向かう微生物たちが元気になるエネルギーが、果物や野菜たちに充満しているからではないでしょうか(この下の緑の枠内を一度よく読んでみてくださいね)。もっと勉強してブログなどでシェアしますね。今日はすい臓さんについて学びます。身体の中のことを知るって本当におもしろいなって思ってます。

次世代の農業 おぐらやま農場のめざすもの 

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 幸せに生きる秘訣とは? 120歳まで健康に生きる道56

  • 40代 最高の人生について考えてみる ひとつの職業だけで一生を終える時代は終わった?

  • 「ベターッと開脚」をやってみて体験談 120歳まで健康に生きる道39

  • 2018年あけましておめでとうございます!!120歳まで健康に生きる道54

  • 120歳まで健康に生きる道7 いい人生を楽しむ為に

  • 120歳まで健康に生きる道10 早朝散歩の心地よさ