1. TOP
  2. 農場の日々の日記
  3. かりん収穫しました!2017年11月9日

かりん収穫しました!2017年11月9日

これから寒くなって風邪を引きやすくなる時期にかりんはちみつ”など手作りしてみませんか?かりんは咳止め、痰、喘息などに効果があるアミグダバリンという薬用成分が入っています。またかりんに含まれるポリフェノールがインフルエンザを抑制する効果があるといわれています。

食物繊維もたっぷりあり、便秘予防や改善にもよいためぜひ使ってみてくださいね~~。はちみつ漬けにしたいからおぐらやまの低農薬で育てたかりんで手作りを!!

かりんの注文はこちらから

 

かりん酒

【材料】
1kg・氷砂糖300g・ホワイトリカー1.8L(35度)
かりんは黄熟した物を使うといいです。

【作り方】
かりんをぬるま湯に浸しながらタワシでよく洗い、ざるにあげて水気を切り2~3日自 然乾燥します。かりんの表面に蜜状のネバネバが出てくるので、水で流しながら洗い 落として水気を切って2~3cmぐらいの輪切りにします。 ビンにかりん(種を残さないようにとる)と氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを注ぎます。熟成 冷暗所に置いて、約2ヶ月で飲めるようになりますが、熟成には6ヶ月以上が必要です。1年程で中味を取り出します。
高級ブランデーにも劣らないコクとまろやかな味になります。

【効能】 ぜんそく、せき止め、疲労や病気の回復、貧血症、美容に効果的です。

かりんはちみつ

【材料】
かりん、ハチミツ、広口びん

【作り方】
かりんをザクザクと輪切りにして(皮はそのまま、種も一緒でいいです)、広口びんに入れていきます。今度は、ハチミツの番。かりんが全部ひたひたになるまでハチミツを入れて終了です。1か月もすれば飲めます。もちろん、その間にのどがいたくなったら、使ってください。お湯で割って飲むだけ。常温保存でかまいません。ただし、かりんがハチミツから出るとかびるので、とびでてしまった分のかりんをひきあげてください。

かりんを活用して、良い冬をお過ごしください。

信州安曇野 おぐらやま農場は安心して食べられる農産物をみなさんに

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 農場スタッフさんの投稿記事より 2017年8月号ニュースレターより 無農薬のりんごづくりを目指して

  • 年間 果物 コース会員の皆様への想い【 新規会員様募集中】

  • 自給自足生活 冬野菜の収穫、保存、大根漬けなど冬支度が終わりました。

  • りんごの狩り会員さんの収穫 終了です。2017年11月

  • ふじりんご狩りと年間コース会員申し込みスタートです 2018年

  • 手作り農業資材の活性水プラント作り その1 2017年11月16日