1. TOP
  2. 農産物ができるまで
  3. トマト
  4. 3,000本のトマト定植を終えました

3,000本のトマト定植を終えました

今年も加工トマトを定植しました。

約3000本です。

7月末からの収穫を予定しています。

 

マレーシアプトラ大学農業科の学生たち5人と一緒に植付けです。

無施肥栽培12年目

品種は4年前から長野県原種センターさんが作出したリコボールです。

 

4月10日の種まきでしたが、

ヒョロヒョロさせず、

茎の太い根のがっちりしたいい苗ができました。

 

 

培土の窒素分が多すぎないことと、

温度管理に気を使い、

必要以上に暖めすぎないこと。

 

それから数回あった遅霜も

ハウス内でストーブ焚いたり毛布を掛けたりで、

なんとか乗り切ってくれほとんど落ち苗が出ませんでした。

 

加工トマトは完熟収穫が基本ですので、

スーパー等に並ぶ甘系(ピンク系)トマトに比べて

数倍のリコピン含量を持ちますが、

「リコボール」は加工トマトの中でも

随一のリコピン豊富なトマトです。

 

外観も確かに赤いのですが、

収穫後半分に切ると本当に鮮やかな

真っ赤な果肉・ゼリーを見ることができます。

 

出来上がったトマトジュースの美味しさは格別。

酸味の効いたトマトならではの旨味が際立って、

更に抗酸化作用、アンチエイジング作用抜群のリコピンが

どのトマトジュースよりもたっぷり含まれています。

 

まだ販売できる分がありますので、

夏の暑さに負けない体調管理にぜひお使い下さい。

 

 

>>>おぐらやま農場の完熟トマトジュースはこちらからどうぞ!

 

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 無農薬・無肥料栽培の玉ねぎ定植をしています 2017年11月14日

  • 遅霜に対しての切り上げ選定のメリットと環水平アーク

  • ブルーベリー剪定研修の皆さんとドローン空撮とレシプロソー(マキタ製)

  • 長果枝は霜対策にも 切り上げ剪定だからこそ

  • 今年もふじりんごがたくさん収穫出来ました!2017年11月