1. TOP
  2. WWOOF
  3. マレーシアチームはコロナの影響で帰国 、援農さん募集中です。

マレーシアチームはコロナの影響で帰国 、援農さん募集中です。

WWOOF  

コロナ関係の影響で、マレーシアの学生たちが予定を3週間早めて帰国しました。

当初予定していたフライトが欠航になり、

予定を早めなければビザの期限が切れてしまう状況で、

土壇場までフライト日時が何度も変更になるなど、

国際便現場の混乱状況がヒシヒシと伝わってくる日々でした。

 

約2ヶ月の間でしたが、4人ともよくやってくれましたね。

農場スタッフさんや子どもたちとも仲良くなり、

毎週水曜夜に開講した無肥料栽培講座も楽しみにしてくれてました。

 

学生さん、就農をお考えの方へ農業研修生を募集しています!

 

マレーシアに戻って農業指導者を目指していたり、

家業の農業を助けたりするメンバーもいましたから、

ここで勉強したことが役に立ってくれたら嬉しいです。

「道法スタイル野菜の垂直仕立て栽培」を、1冊プレゼントしました。

 

 

道法スタイル 野菜の垂直仕立て栽培

 

この社会情勢の中ではウーファーさんの受入について大きく見直す必要があります。

新規受付は当面全て中止しています。

 

彼等の最後の研修作業はりんご苗木作りのための挿木。

台木にマルバカイドウというものを使い、

その上にりんご穂木を接木したものを地面に挿して、発根してもらうのです。

 

来年の今頃には果樹園へ植えられる大きさに成長している予定で、

年々少しずつ矮性台木のりんごの樹をマルバ台木へ植え替えして行けるように準備しています。

 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 農業ボランティア(援農さん)を募集しています。長野県安曇野市

  • Wwoofer’s summer help vol.1

  • 梨畑の鳥除けと、ウーファーさん募集してます。

  • ブルーベリー剪定チーム 女子4人 WWOOFさんの紹介も

  • おぐらやま農場はWWOOF JAPANホストです!

  • ウースホストで受け入れ WWOOF HOST