1. TOP
  2. メルマガバックナンバー
  3. 2020年 ふじりんごの収穫が終わったよ NO.331

2020年 ふじりんごの収穫が終わったよ NO.331

農場主・暁生
農場主・暁生
無肥料栽培を続けて10年以上の野菜や果物です。
みなさまの安全・安心な食卓にぜひどうぞ。

 

毎年11月下旬のフジりんご収穫が終わった日は
久しぶりにホッと肩の力が抜けて、張りつめて
きた気持ちの糸を緩めている自分がいます。

春から動きの出る果樹園の様子を、季節の動き、
気象の動き、病虫害の発生や果実の生育具合などに
気をかけ、手を打ち、いろいろの世話を段取りした
りの毎日から、しばしお休みの期間になります。

もちろん、りんごの注文を受けて、選果作業や荷造
りなどの仕事が12月からも山積みではあるのですが
果樹園の樹たちはすでに桃・梨などは落葉も終わり、
りんごも半分近く落葉してきて、やがて冬の休眠期
に入っていきます。

季節刻々に表情を変えていく果樹園の樹たちがよう
やく冬の眠りについても、我ら人間のやることは
ビッシリありますので、冬場はゆっくり余暇に充て
ようという訳にはとてもいかないのですが、

これが幸せな毎日なので全く望んだとおりですし、
こういう性分なので無理もないのです。でも、やっ
ぱり、ふじりんごの収穫が終わった日というのは、
一年の中で一番肩の荷が下りて、

今シーズンを走り抜け、葉を落として眠りにつく
木々たちに子守歌でも唄ってやりたいような、
気持ちに余裕とやさしさがひとりでに湧いてくる
ような、そんなひとときなのです。

生きている鳥たちが 生きて飛び回る空を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは

目を閉じてごらんなさい 山がみえるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎ回る川を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは

生きている君たちが 生きて走り回る土を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは

目を閉じてごらんなさい 野原がみえるでしょう
近づいてごらんなさい りんどうの花があるでしょう

(私の子どもたちへ ~父さんの子守唄~
 作詞・笠木透さん)

おぐらやま農場 松村暁生

贈り物用ふじりんご今週中はすぐに発送できます!NO.330

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 贈り物用ふじりんご今週中はすぐに発送できます!NO.330

  • クラファン、あと2日になりました! おぐらやま農場だよりその345

  • 無肥料栽培をはじめて10年以上経ちました NO.334

  • 農場おまかせセットが復活しました!NO.332

  • 作物に向き合うために NO.336

  • 皆さんに選んでもらえるりんご栽培を NO.329