1. TOP
  2. おぐらやま農場のとりくみ
  3. 天然農薬作り JADAM硫黄編(10月3日)

天然農薬作り JADAM硫黄編(10月3日)

最近、Jadam Organic Farming というテキストに沿って、

天然農薬作りをコツコツやっております。

この本は塩尻でブドウりんごなど生産直売している

「信の果実」園主の上原信孝さんが僕に教えてくれた本で、

韓国のジョヨンサン氏が執筆した有機農業の解説書です。

有機農業の様々な技術の中で、天然農薬や農業資材を、

市中に流通している安価な材料で、

また身近な野山に生育している植物・作物や土壌微生物からつくり出す

様々な方法を紹介している良書です。

最初に材料が揃ったのが、殺菌剤として利用する硫黄液。

硫黄、苛性ソーダ、黄土粉、塩、水を、量と順番を

間違えないようステンレスの缶へ加えて混ぜて行くと、

硫黄の粉が綺麗に溶けた水溶液が完成。

原料に水を投入すると高熱で沸騰し、若干のガスも発生して、

大掛かりな理科の実験の様相を呈してきます。

硫黄液は昔懐かしムトウハップの入浴剤みたい。

この他にも殺虫・忌避効果を狙うキクイモやギンナン、ヒガンバナなどを利用した薬草液作り、

そしてナタネ油と苛性カリで作る展着剤など、

ユニークな農薬作りの方法がたくさん紹介されていて、

おぐらやま農場でも順次製造に取りかかっています。

効果効能をしっかり確かめられたらリンゴ園などで化学農薬使用を更に少なく出来るかも知れません。

原料の硫黄や水酸化ナトリウムなどは散布後に作物の栄養となって

吸収されて行くので、化学物質の残留蓄積の心配が無いのです。

また現場の様子を報告いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 切上げ剪定講習会 山梨大学・松代杏っ子の里 2017年11月23日

  • 某高級デパートの桃の価格に驚き!!考え方はいろいろですから 

  • 無施肥減農薬栽培の桃の出来はいかほどに?

  • 「年間コース会員申込み受付を開始しました」

  • 2020年 年間コースの募集中です!桃、梨、りんごやジュースなど毎月お届けします!

  • 第3回道法スタイル学習会をご一緒にいかがでしょうか?