1. TOP
  2. おぐらやま農場のとりくみ
  3. 天然農薬作り キクイモ薬草液編 (10月14日)

天然農薬作り キクイモ薬草液編 (10月14日)

アブラムシ・ダニ・蛾の幼虫類など果樹園で問題になる虫害対策。

現状では化学農薬のお世話になりつつも、

少しでも自給して使える天然農薬はないだろうか。

殺虫や忌避効果のある植物で、

キクイモの煮汁を作って試してみた人が韓国におられて、

これは使えるという結果が出ているそうです。

(JADAM天然農薬研究所)

今日は津村さんのキクイモ畑でお世話になり、茎と葉を刈り取り、

地中の芋を掘り、全部刻んで漉し袋へ入れて、

ドラム缶の中でグツグツと煮ていました。

実際にやってみると、確かに独特の香りがあり、虫が寄り付きたくなさそうな雰囲気。

かと言って人間が鼻を摘んでしまうような香りでもなく。

因みに、私の母方曽祖父は戦前から静岡の街中で薬屋を営み、

私財を投じて静岡薬学専門学校

(現在の静岡県立大学薬学部)の設立に参画された一人なんだそうで。

そんな時代から100年近くも後に、農家の傍ら、

夜な夜な火を焚いて薬草液作りなどしている曾孫の姿を、

かの空の上から見てくれているでしょうか。

りんごや桃など落葉果樹の栽培は様々な作物の中でも

一番沢山の殺虫剤・殺菌剤などの化学農薬が常用されている分野ですが、

道法スタイル無肥料栽培との出会いからおぐらやま農場の果樹園は大きな変化を遂げ、

今度はそれを伝える役割を志しての活動が始まっています。

そして天からは次のチャレンジ課題がまたまた現れて来たのです。

「天然農薬作り」の章も、皆さんどうぞ見守り下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 無施肥減農薬栽培の桃の出来はいかほどに?

  • 次世代の農業 おぐらやま農場のめざすもの 

  • うちの子たちは生まれる前から無農薬野菜を食べてきました。120歳まで健康に生きる道 48

  • 桃の初収穫。ブルーベリーは最盛期へ。

  • 2020年 年間コースの募集中です!桃、梨、りんごやジュースなど毎月お届けします!

  • 皮ごと安心して食べられるりんごを皆さんに 秋のお知らせより 無農薬のりんごづくりを目指して