1. TOP
  2. 信州安曇野道法スタイル勉強会
  3. ジャガイモ植付け (4月22日)

ジャガイモ植付け (4月22日)

もう10年以上になりますが、毎年同じ場所にジャガイモを植えています。

毎年4月20日頃の桜の咲く頃に植えつけて、7月末〜8月上旬頃の収穫。

3ヶ月ちょっとで大きな芋がゴロゴロ収穫できる、単位面積と栽培時間当たりカロリー生産ではかなり優秀な作物です。

昨年の種芋は「農場で収穫して保存してあったもの」と「購入したもの」の2種があり、

出来映えを比べても差がありませんでしたので、

今年から購入は無しにして、全て昨年7月末収穫後、その後冷蔵庫保存したものを種芋にしました。

嬉しかったのは、昨年7月末に冷蔵庫へ入れたコンテナを引っ張り出してきて種芋を選別した時に、3コンテナ(約60キロ)で傷みイモがわずか4つだけだったこと。

あとはみんなキレイな芋です。

無肥料栽培を長年続けて来たことのあらわれですから、

なんでもないようなことですけれど、私にとってはとっても価値の高い現象です。

サイズの丁度いいものを選んで植付けたら予定通りの雨。

気温も高くなって来て野菜の植付けもだんだん本格化。

来月の学習会からは野菜いろいろもまな板の上にのせて、みんなで勉強できればと思っています。

道法スタイル無肥料栽培・安曇野学習会 令和4年度も開催します。(3月3日)

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 道法スタイル from 安曇野 おぐらやま農場

  • 道法スタイル・ジャガイモの管理作業その2  6月10日

  • 剪定とは枝を切るに非ず 枝を生かすにあり 剪定合宿開催中!(2月16日)

  • 道法スタイル無肥料栽培・安曇野学習会 令和4年度も開催します。(3月3日)

  • 信州安曇野・道法スタイル学習会 【2021年度】 3月~12月

  • 信州安曇野・道法スタイル学習会 【2020年度】 3月~12月