信州安曇野 おぐらやま農場について

おぐらやま農場の原点

 

酪農の牧場で仕事をしてきた若夫婦が、信州安曇野で自分達の農場を拓こうと話し合っていた。

「この地に僕達、根付いていこうよ、僕らの子ども達はここをふるさとにして育っていくんだ・・。」

 

 僕たちのねがいに「ひとのいのちに責任の持てる食べ物をつくりたい」ということがあります。

 

 

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。

 

どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。

 

 見栄えが悪くならないようにとか、手間暇かけないでもいいようにとか、きれいじゃなくちゃお金にならないんだとか、食べ物が売物であるが故、生産者である僕ら百姓達は自分の暮らしを守っていくためにも、様々な手段を駆使して市場に受け入れられる農産物を作ろうとしています。

 

 一人ぐらい市場に受け入れられないようなりんごを作っている男がいてもいいじゃないか(実際はもっとたくさんいますけど)、という思いを原点に、お金をもらうためだけでなく、食べる人と作る人とが心をつないでいける関係を築いていけないかとの試みが僕たちの手がけていることです。

 

 農業という営みが内包する無限の豊かさ、農村風景の持つ素朴な魅力、自分のいのちをつなぐ食べ物に積極的に関われる喜び、そんなことを感じあえる仲間の輪が広がっていくことを願っています。 おぐらやま農場の具体的な栽培方法や考え方などもこのブログ上で紹介していきたいと思っています

 

 僕たち自身が一歩一歩勉強を重ねながら、関わりあっていく人たち誰しもが幸せになっていく、そんな農業を実現していきたいのです。

 

たくさんの仲間、お客様に支えられてここまでこれました。これからもどうぞよろしくおねがいします。

野菜畑は無農薬栽培、果樹園は慣行栽培の30%程度の減農薬栽培です。

 

野菜畑では害虫等もほとんど姿を見なくなり病気もだんだん減ってきました。

 

 

果樹園でもさらに数年をかけて農薬の必要ないりんごや桃たちが育つよう、お世話していきたいと考えます。 これはもちろん、農産物を食べていただく人の健康にとって農薬の残留が様々な影響を与えてしまうからということもありますが、何より、農薬臭・農薬風味がどうしても残ってしまうと感じるからです。

 

農薬と言ってもものすごい種類がありますが、舐めて美味しい・いい匂いというものはありません。(危険ですから絶対試してはいけません)

 

また化学肥料の使用は著しく味を損ねます。苦味・渋みをはっきりと残しますので味のよい野菜や果物を作ろうとした時に一番避けたいものの一つです。

 

試しに化学肥料をひと舐めしてみてください。(すぐにうがいができるよう水を準備してから)絶対に散布したくないと私が言う理由がすぐに分かっていただけるはずです。

 

また畜産堆肥等、有機農業と言われている農法の中で長年使われている肥料ですが、化学肥料ほどでないにせよ、窒素分が非常に多く、どうしても土が腐敗しやすく、そうなった場合には作物に腐敗味が出てしまいます。

 

つまり作物の味とは、その土にあるもの、また散布されたものの影響を大きく受けるということです。考えてみれば当たり前のことです。

 

美味しい野菜や果物を育てようと思えば不味くなる原因のものを極力使わないことが大前提になってきます。また、おぐらやま農場の全品種のりんごには落果防止剤を使用することがありません。

 

 

除草剤も一切使いませんので、畑の表面には緑の草が生い茂ります。これを一年に何度か刈り倒し、また炭素資材として枯れ草をそのまま利用します。

 

産地直送の安心と価格で皆さんのお役に立てますように

 

私たちの農産物はほぼ100パーセントが農場直送の直接販売です。
大量生産・大量流通・大量消費の時代の流れを逆行しているかも知れませんが、「商品として」だけのりんごではなく、人の生命に資することができる食べ物を、それを理解してくださる方に食べていただければ幸いです。
贈答品として出る価格ならもっと値が張る高級品がほとんどかも知れませんが「りんご」というこの素晴らしい果物が一部の人にしか手の届かない農産物になってしまうことはとても残念です。

 

小キズのあるものや小玉品などのりんごは家庭用価格を設定しました。中間業者の入らないこの価格でがんばりますから、多くの方にお届けできることを希っています。 (家庭用農産物は、キズなどの部分が食べられない場合があるかもしれませんが、約1割多めに計量しておりますのでその範囲内であればご容赦くださいませ)

 

今すぐ農産物を見てみる!

 

 

ご協力をお願いします。

 

おぐらやま農場では、中間業者の入らない価格で、安心できる農産物をみなさまにお届けしたいと考えています。

 

農産物の小売価格が、農家から出荷される時の2倍・3倍になっていることが珍しくない今の時代ですが、もっと無駄を省くことはできないだろうか? と考えます。

 

産地直送の農産物は生産者や栽培方法が分かり、安心して食べてもらえると思いますし、みなさんが食している食べ物の生まれる信州安曇野の「おぐらやま農場」をみなさんのもうひとつの「ふるさと」や「田舎」と思ってもらえれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

おぐらやま農場とその農産物を気にいっていただけた方は周りの人に紹介していただけないでしょうか。またブログやホームページ、facebook、twitterのある方はリンクを張っていただけたら嬉しいです。 農場は食べていただく人がいてこそ、はじめて成り立つものです。皆様のご協力に感謝しております。

おぐらやま農場・・・・生命力の溢れた無農薬完熟トマトジュースほか人参りんごジュース、りんごジュース、季節の野菜や果物(りんご・桃・梨など)を農場直送でお届けいたします。 http://www.ogurayamashop.com/ 

 

コメントは受け付けていません。