1. TOP
  2. 農場の日々の日記
  3. 天然農薬作り・銀杏集め編(10月27日)

天然農薬作り・銀杏集め編(10月27日)

農場の日々の日記  

天然農薬の虫害対策としてギンナンを集める必要があると分かってから、

真っ先に頭に浮かんだのが、奥能登・陽菜実園の柳田さんのことでした。

2町歩以上の柿の果樹園を道法スタイル無肥料栽培で取り組んでいる畑に、

防風林として植えた銀杏が沢山あるよと話を聞いていたのです。

もちろんおぐらやま近辺にもイチョウの木はあちこちあるし、

これからの季節なら実が落ちてくる頃だから集めてまわろうと思って、

実際に現場をいくつか確認してみたのですが、

どうも4月の遅霜の影響なのかこの辺りはどこも実のつき方が

著しく少ないのです。

石川県ならこちらと事情も違うだろうからと柳田さんに「銀杏拾いツアーに行けませんか?」

とメールしたら「どうぞおいで下さい」とすぐに快諾してくれました。

柳田さんが写真送ってくれたのを見ると、ものすごい大木に鈴なりで、実の重さで枝がしなっています。

「これは行かねば!」と即決して、

輝美さん・ウーファーさんと一緒に日帰りの弾丸ツアーを決行です。

お昼11時前に到着。柳田さんが効率よく集めるためにシートや梯子など用意してくれていました。

最初は実を拾い集めるイメージでいたのですが、

シートを広げた上で鈴生りの枝を振るい落とすと、

ものすごい速さでコンテナに溜められました。動画つけたので見てみてください。

銀杏は実が潰れて果肉の油分が出てくると強烈な臭いを発生させますので、

収穫作業の時は、身支度が大切です。

今回は作業後に服も靴も着替える準備もしてあり、対策はバッチリ。

1年分の使用量をザックリ計算して300?350キロ程度集めようと思っていたのですが、

3時間やって20コンテナ(約400キロ)。片道5時間半かけて6人で出かけても、

取りやすい木を選んでくれて、様々道具も揃えていただき、

あとはどんどん進めるだけという状況まで準備いただいた柳田さん、

本当にありがとうございました。

陽菜実園のメイン加工品は柿の極上ドライフルーツ、下のアドレスで購入出来ます。

今日もお土産にいただきましたが、本当に美味しい!

道法スタイル無肥料栽培に取り組んでいる果物ならではの素晴らしい風味です。

https://shop.hinamien.com/collections/all

ギンナンも上記アドレスから問い合わせすれば、皮剥き・乾燥の終わったものが購入出来るそうですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • りんごは続くよどこまでも (11月18日)

  • ☆ 和梨剪定シーズン (12月21日)

  • 雨上がりの朝 (7月10日)

  • 2018年のおぐらやま農場日記(7月~12月)【大人気】

  • 「食の安全を守る人々」(12月2日)

  • 手作り農業資材の活性水プラント作り その1 2017年11月16日