1. TOP
  2. 農場の日々の日記
  3. 「食の安全を守る人々」(12月2日)

「食の安全を守る人々」(12月2日)

農場の日々の日記  

アイシティシネマでの上映は今日で終わり。

どうにか最終日、夕方6時からの最終上映にすべり込みました。

取り上げられたテーマは大きく3つ。

*除草剤グリホサートは危険なのか安全なのか?

*殺虫剤ネオニコチノイドは何を引き起こすか?

*ゲノム編集食物はどのようにして作られるのか?

農業者として、僕もこれまでも様々調べてきた除草剤や農薬のこと。

真正面からこれらの現実に向き合う社会派ドキュメンタリーです。

制作チームよく作ってくれたな、そして映画館がよく上映してくれたなと思ったら、

エンドロールに制作費捻出のクラファン協力者の紹介ですごい人の数が出てきた。

現在の食と農の現実をなんとかしたいという思いを持つ人はこの国に本当に沢山いる。

僕たちのような農の現場に直接携わる役割もあるけれど、消費者の役割、政治の役割、研究者の役割、

今回の映画みたいに言論や教育などの立場で世論形成に関わる役割・・・。

豊かで安全な食と農を守ることは、私たちの幸せを創造することそのものだと思うのです。

アメリカの外圧に負けっぱなしの政治の貧困にはあいた口が塞がらないのだけれど、

その現実を私たち一人ひとりが知って、受け止めて、思いを声に出していくことが、政治の仕事をする人の意識を変えていくはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

食と農と健康と いのちと心をつなぐ おぐらやま農場ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

→ → → 産地直送 おぐらやま農場の農産物はこちらから購入できます。

 


ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 松村暁生

おぐらやま農場 松村暁生

農場主の松村暁生です。よろしくお願い致します。
Facebookでも農場の様子や出来事などをお伝えしていますので、ぜひお友達申請してくださいね!右下にあるfacebookマークをクリックしてもらうと私のfacebookページとなります。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • りんごは続くよどこまでも (11月18日)

  • 木六竹八塀十郎 (9月19日)

  • 毎日雨なのにブルーベリーはどうして美味しいのか? (7月2日)

  • 自給自足生活 冬野菜の収穫、保存、大根漬けなど冬支度が終わりました。

  • かりん収穫しました!2017年11月9日

  • 道法スタイル無肥料栽培・安曇野学習会 令和4年度も開催します。(3月3日)