1. TOP
  2. 農産物ができるまで
  3. ブルーベリー
  4. ブルーベリーを食べると記憶力があがる?物忘れにも効果ありか?

ブルーベリーを食べると記憶力があがる?物忘れにも効果ありか?

最近は、おかげさまで夢が叶い畑に行って、

収穫のついでや犬の散歩の途中に毎日ブルーベリーを食べています。

ブルーベリーの抗酸化作用については前から知っていたのですが、

つい最近、あるブルーベリーサイトにあるレビューで、

こんなレビューを見つけました。

 

年齢による物忘れが気になりお医者様に聞いた所、

オリーブ油とブルーベリーを摂取してみればとのアドバイスを頂き

色々調べた結果、ブルーベリーを食べはじめて三、四ヶ月したら物忘れが無くなり、

うっかりど忘れした時でも気持ちを落ち着かせ集中すると思い出すようになりました、

これからもリピートしたいと思います。

 

脳にいい食事大全より

えーー、ブルーベリーってそんな作用があるの?

と思っていろいろと調べてみたら、

こんな本を見つけました。

 

 

脳にいい食事大全――1分でアタマがよくなる食事の全技術

 

Amazonですぐにポチッと。

この本には、「最強の脳をつくる食事術」や

「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード」

「脳を最高の状態にする60秒の習慣」

「最高の脳力アップレシピ」など

紹介されているのですが、

 

ありました!ありました!

ブルーベリーに関する記述が。

これだ!!と思いました。

 

私の実感としてもこのように「生」の果物を食べはじめると、

「肌ツヤ」がよくなってきます。

果物に入っている「酵素」のおかげかなと思っていましたが、

 

この本には、こんなことが書かれていました。

 

加齢に伴う記憶力の低下を予防する

以下、本からの引用です。

 

日常的にブルーベリーを食べると、炎症が劇的に減り、記憶力が高まる。

ブドウは脳に効く食べ物としての高い評価を得ているが、

ブルーベリーももっと注目を集めてもよい食べ物だ。

この美味しいベリーは、さまざまな作用によって脳を病気から守る。

また加齢に伴う記憶力低下を予防する効果もある。

ブルーベリーが脳にどのような働きをもたらすかを見ていこう。

 

まず、ブルーベリーにはフラボノイドと呼ばれるファイトケミカルが含まれている。

フラボノイドは、脳をフリーラジカルによる被害から守る。

ブルーベリーにはプロアントシアニジンと呼ばれる

最高濃度のフラボノイドが含まれている。

プロアントシアニジンはブルーベリーを鮮やかな青色にし、

老化や病気の原因になるフリーラジカルを破壊する抗酸化物質として作用する。

 

多くの研究で実証されているブルーベリーの脳への健康効果は、

プロアントシアニジンや他の成分の作用によってもたらされていると考えられる。

動物実験では、ブルーベリーの抽出物を与えられた動物は運動能力の低下が少なく、

記憶力テストでの結果も優れている。

ブルーベリーの成分には、

老化に伴う記憶力や運動能力の低下を食い止める作用があるという研究結果もある。

 

また、ブルーベリーは天然のアスピリンとも呼べる存在で、

脳卒中に関連する動脈血栓の予防に役立つサリチル酸が含まれている

また、さまざまな脳疾患の引き金になる炎症をとり除く抗炎症作用もある。

 

ブルーベリーには、体内の熱ショックタンパク質レベルを

上昇させる作用があることもわかっている。

熱ショックタンパク質またはストレスタンパク質は、

急激な体温上昇などのストレスに対処するために用いられるほか、

体内でのタンパク質の製造と輸送、細胞の保護などの役割も果たしている。

 

熱ショックタンパク質は加齢と共に減少するが、

減りすぎてしまうと脳を含む細胞の炎症や損傷の原因になる。

ブルーベリーは熱ショックタンパク質を回復させるため、

日常的に摂取することで炎症の軽減効果が見込める。

 

ブルーベリーの日常的な摂取によって、

気分を高揚させる脳化学伝達物質ドーパミンの分泌も促される。

脳の報酬・快感中枢を司るドーパミンは、

パーキンソン病などの脳疾患患者ではレベルが低くなる傾向がある。

 

さらに、ブルーベリーは脳の強化と保護に役立つビタミンE、ナイアシン、

葉酸などのビタミンやマグネシウム、マンガン、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいる。

 

素晴らしいですよね。

どうりで私の健康の師匠が食べているわけです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

ブルーベリーの奇跡 【ブルーベリーおやつの紹介もあり】

 

これだけの効果でもすごいと思うのですが、

本には、まだまだ続きます。

 

ブルーベリーはがんのリスクを減らす

週に5日、2分の1カップのブルーベリーを食べよう。

生でも冷凍タイプでもいいが、缶詰や加糖タイプのものは避けること。

スムージーに加えたり、冷凍庫で型に合わせて凍らせて食べたりするのも簡単だ。

 

私のお気に入りは、冷凍したものを少しだけ解凍してシャーベット状にし、

デザートとして味わうことだ。

プリンや朝食用のシリアル、サラダに添えるのもいいし、

単体でおやつにするのもいい。

ブルーベリーは脳に効くだけでなくとても美味しい。

 

ブルーベリーには、抗がん作用と遺伝物質の保護作用が証明されている

ファイトケミカル、エラグ酸も豊富に含まれている。

また身体ががん細胞などの

有害な細胞や損傷した細胞を見つけ出して破壊するための方法である

アポトーシス(細胞の自然死)を健全な比率で促すため、

がんのリスクを軽減する。

 

と書かれています。

この本を読んでからますますブルーベリーをたくさん食べたくなりました。

 

ブルーベリー畑にたわわに実っている姿を見ていると、

そんなたくさんの効果があるのもわかる気がしてきます。

 

なんと言っても美味しいからパクパク食べてしまうんですけどね!!

 

ちなみにおぐらやま農場のブルーベリーは、

 

無施肥・無農薬栽培です。

 

これがまたブルーベリーの効果をアップしてくれるものと思います。

無肥料栽培で育てた野菜や果樹が10年経つと、、、、腐らない野菜とは?

 

おぐらやま農場でもブルーベリーの販売をしていますので、

ぜひ試してみてくださいね。

 

■ おぐらやま農場のブルーベリー

メールマガジン登録

現代農業は果物作りに農薬や除草剤、化学肥料等、人間の健康を脅かす可能性のあるものが当たり前のように使われる時代です。


どうしてそうなるのか、誰だってそんな食べ物を喜んで食べたがるとも思えないのに・・。


農家になってからはじめて知った食べ物のこと、健康について考えたことがたくさんあります。

少しでもこのブログを読んでくださっている方の健康のお役に立てればと思い、メールマガジンという形でお話をさせていただきますので、ぜひご登録いただければと思います。



 

ライター紹介 ライター一覧

おぐらやま農場 てるちゃん

おぐらやま農場 てるちゃん

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。おぐらやま農場のてるちゃんです。よろしければ、スタッフ紹介で詳しい自己紹介をしていますので、読んでみてくださいね♪♪右下のオレンジの家マークをクリックすると自己紹介を見ることができます。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 田舎暮らしには薪ストーブが似合います 軌跡3

  • より楽しく、よりパワフルに 120歳まで健康に生きる道42

  • ブルーベリー狩りと全国発送がいよいよ始まります

  • 火を焚きなさい 我らの魂の奥底に眠る、生命の根源

  • ベーシックインカムと農業と農業経済と必要性~べシックインカムと農業2~

  • ブルーベリー摘み取りにぜひおいでください。長野県安曇野市